CeVIOをインストールしてみた

ささらたんマジ天使!

というわけで、無料のトークロイド(?)のCeVIOをインストールしてみた。

CeVIOはソフトの名称で、キャラクターの名前が「さとうささら」っていうもの。

VOCALOID2の「初音ミク」って感じかな・・・?

以前、気になってインストールしたんだけど、ちょっといじって満足しちゃったのよね。

その時は喋るだけだったんだけど、最近アップデートされて歌うことも可能になった様なので入れてみた。

ボーカロイド買う必要なくなるかなーと思いつつ。

ニコ動で検索してみたら、あらあらまぁまぁ、出てくる出てくる。

で、これを見て、入れるっきゃないと思った。

いやー、無調整でこれはすごい!

とりあえず、自分はVOCALOIDはいらないかな。

CeVIOで十分。

インストールして、立ち上げた画面がこんな感じ。

cevio1

画面の説明の通りのトラック設定。

ひとまず喋らせようとして作ったのがこれ。

何してるんだとか言わないで。

ちびっ子っぽい喋り方のプリセットを作ったので紹介。

上のやつだとわからないと思うけど、普通に喋らせると可愛い事この上ない。

設定はこの通り。

cevio3

設定値でいうと、

速さ:35

高さ:80

声質:0

元気:100

にすると可愛いちびっこになる。

ちなみに、上記の様なステータスがいじれるのは喋りの方だけで歌の方はできない。

歌の方はMIDIの読み込みができるので、

Cubaseで歌メロをMIDI作成→CeVIOに入れる→waveで書きだす

でいけるかなと。

DTM初心者にはこれで十分って感じ。

発音とか、文字→喋る音(ローマ字的な)の変換が微妙だけど、これからのアップデートに期待してる。

頑張って欲しい。

なお、制作サイドへのインタビューが藤本さんのブログに載っているので、興味が有る方は読んでみるといい。

ボカロに有力対抗馬登場!? 新歌声合成ソフトCeVIOの衝撃! – 藤本健の“DTMステーション”

2013/06/29 追記

歌わせてみた。

おかしいところがたくさんあるけど、現界よろしく。

なお原曲はこちら。